取手の出会いがちらちらと輝きました
0

    私はその丘を見下ろす丘の上を歩いた。

    取手の出会いの足は芝生のぬかるみによって掻き集められている間、私は丘を登る。

    丘の上から見た草原は暗闇の中でうなずきました夜の露は時々ちらちらと輝きました。
    寒い風が時には皮膚にぶつかり、美しさに恵まれて心を鍛えます。

    ニース、そう?何?

    ああ。取手の出会いはちょうど答えた。

    私は光沢と光沢のある暗緑色の美しさに巻き込まれ、私はその人の印に気付かなかった。
    なぜあなたはそこで眠っていますか?

    この牧草地を照らすのはその星です。見てください。

    あなたはそのように答えました。

    取手出会い

    私は見上げた。
    輝く星空があった。

    ここに来て。
    あなたは星を見上げるように並んで見た。

    それは取手の出会い、Altair、取手の出会いです。

    あなたはそのように指摘しました。

    それはきれいです。
    あなたが手を伸ばすと、それは到着するようです。
    あなたは誰ですか?

    あなたの夢の住人。
    あなたは私の趣味です。

    取手 | comments(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom