何百年も取手で出会いのない生活です
0

    "ひまわりと泣き虫の窓"

    取手で出会いは窓です。私たちの生活は何百年もの長さです。


    私は長い間悲しいことしか見ていません。

    それはいつも涙で曇っているので、友人から "泣き虫の窓"と呼ばれています。


    取手で出会いに住んでいた優しいおばあちゃんが病死したからです。

    取手出会い

     

    それはいつも私を磨き、きれいにして私に多くの異なった話を教えてくれた尊敬された祖母でした。

     

    それから光のない暗い窓だった。

     

    ある朝、鳥が私のそばにいた。

    それは非常に美しい羽を持つ小さな鳥でした

    "ツツ!ジュ!"

     


    取手で出会いは私に話していた。

     

    "悲しい窓
    がんばろう。
    ジュ! "

    取手 | comments(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom